手もみ茶

地元の南九州市の知覧茶葉を使って、昔ながらの手もみ製法で煎茶を作ります。

煎茶の作り方は、茶摘み・蒸し・冷やし・葉振るい・手揉み(重回転揉み・揉み切り・天繰揉み)・乾かすなどの工程があり、体験では「手揉み」「乾かす」の工程を体験し、オリジナルの煎茶を作ります。

また、施設内に展示された南薩の暮らしと農業の歴史資料を通し、水土・自然環境・食農を楽しみながらまなぶことができます。体験後に、おいしい煎茶の入れ方を学習し、お茶を皆で試飲します。

自分たちで作った手もみ茶を持ち帰り、体験後、自宅でも実践して行うことができる実用的な体験プログラムです。

プログラム概要

体験の流れ

指宿大好き体験事務局

〒891-0405

​鹿児島県指宿市湊2-5-33

TEL.0993-23-8722

FAX.0993-23-8723

E-mail:pr-office@ibusuki.or.jp

※平成31年3月31日迄

※平成31年4月1日~

〒891-0497

​鹿児島県指宿市十町2424

TEL.0993-22-2111

FAX.0993-23-4987

E-mail:kanko@city.ibusuki.jp

​※指宿市観光課観光誘致係内

♡プチ情報

鹿児島県は荒茶の生産量が年間26,600tで全国シェアの32.4%を占め、静岡県の30,800tに次ぐ第二位の生産地です。

その中でも南九州市は市町村毎の生産量が全国でも最も多く、日本一の生産地といえます。

また、銘柄も「知覧茶」のブランドで知られており、品質の高さでもしられています。

集合場所・アクセス(畑の郷水土館(アグリランドえい)

  • w-facebook

Copyright © 指宿大好き体験事務局 All Rights Reserve